元田事務所ニュース 2018年1月号 6面 労務管理


トラブル回避の対応術
「無期転換ルール」の本格スタート①

 労働契約法の改正により、有期労働契約から無期労働契約への転換に関する新しいルールが設けられました。これは「無期転換ルール」と呼ばれ、平成25年4月1日から改正法が施行されています。
 無期転換ルールとは、有期労働契約が反復更新されて通算5年を超えたときは、労働者の申し込みにより、期間の定めのない労働契約に転換されるルールです。通算5年のカウントは平成25年4月1日以降に締結した有期労働契約から開始されますので、平成30年4月以降は、有期労働契約で働く人の多くに無期転換申込権の発生が見込まれ、無期転換ルールの本格運用が始まります。

対象となる労働者
 無期転換ルールが適用される有期契約労働者は、「パートタイマー」「アルバイト」「契約社員」など、その名称にかかわらず、契約期間があらかじめ決まっている人であって、同一の使用者との間で1回以上更新された契約期間が通算して5年を超えている人です。(図①参照)
 ただし、同一の使用者との間で有期労働契約を締結していない期間(無契約期間)が一定の長さ以上にわたる場合、この期間が「クーリング」として扱われ、それ以前の契約期間は通算対象から除外されます。その場合、無契約期間の次の有期労働契約から、通算契約期間のカウントが再度スタートします。(図②参照)
 クーリングの対象となる期間は、無契約期間の前の通算契約期間に応じて上表のとおりとされています。