元田事務所ニュース 2016年03月号 2面 ニュース

平成28年2月10日改正
キャリアアップ助成金の支給額を拡充

 非正規労働者を正社員や無期雇用に転換することなどに取り組む事業主を支援する「キャリアアップ助成金」について、支給額の引き上げなどの改定が行われました。
「正規雇用等転換コース」では、中小企業で有期契約労働者を正規労働者に転換した場合の一人あたりの支給額が60万円(従来は50万円)、有期契約労働者を無期雇用に転換した場合は30万円(従来は20万円)に引き上げられました。
 また、「多様な正社員コース」では、勤務地限定など『多様な働き方をする正社員』から正社員に転換した場合も、新しく助成の対象となりました。
 いずれも、転換などの日が平成28年2月10日以降となる場合に適用されます。


平成32年度までの5ヵ年
「正社員転換・待遇改善実現プラン」を決定

 厚生労働省は1月29日、今後5ヵ年の非正規雇用労働者の正社員転換や待遇改善のための目標・取り組みについて定めた「正社員転換・待遇改善実現プラン」を決定しました。
 同プランでは、不本意にも非正規雇用となっている労働者の割合を全体で10%以下(平成26年平均は18.1%)に低減すること、とくに若年層では現状より半減することを挙げています。
 また、新卒者の就職率の向上、短時間正社員制度を導入する事業所の割合を29%(平成26年10月現在は14.8%)に引き上げるなどの目標を掲げ、ハローワークを通じた取り組み強化などの具体策について示されています。
 一方、非正規雇用労働者の待遇改善としては、「同一労働同一賃金」の推進策について検討をすすめることや、名目GDPの成長率に配慮して最低賃金を引き上げることも盛り込まれました。


物価・賃金スライドは実施せず
28年度の年金額は据え置き

 厚生労働省はこのほど、平成28年度の年金額について公表しました。
 年金額改定の指標とされている27年平均の全国消費者物価指数がプラス0.8%、名目手取り賃金がマイナス0.2%の変動となったことを踏まえ、年金額の改定ルールに基づく改定(スライド)は行われず、28年度の年金額は据え置きとなります。
 ただし、昨年10月に施行された「被用者年金一元化法」により、端数処理がこれまでの100円未満四捨五入から、1円未満四捨五入に改められたため、月額で数円の増減を生じることがあるとしています。