所長コラム 2007/3

― 視点を変える ―

 時々、東京に出張する機会があります。

そこには日本全国津々浦々から人が集まってきて、会議や研修をするのです。

 会議や研修を終えると、飛行機や新幹線、その他の交通機関を利用して、また地元に帰って行きます。

交通機関に乗車している時間だけを見ると、熊本から来ている私は、会場から羽田まで30分、飛行機が1時間30分、そこから我が家まで更に30分、約3時間程度片道に要します。

 ところで 和歌山や滋賀などから来ている人の所要時間はどうでしょうか? 新幹線で2時間、それから私鉄に乗り換えて更に1時間ほど。

長野や沖縄はどうでしょうか?

 今日においては、距離と時間があまり関係ないことが分かります。

 そこで思うのですが、時間を軸にして地図を作ったらどうでしょうか。我々が普段目にしている地図とまったく違った地図が出来上がることでしょう。(もうすでに出来上がって書店の本棚に並んでいるのかもしれませんが。)
ときどき視点を変えてみると面白いことに気がつきます。
- 今月の名言 -
「バラに棘(トゲ)がついている」と、いつも文句を言っている人がいる。
私は感謝しているんだ、棘にバラがついているって。

(アルフォンス.カ―)
平成19年03月01日