所長コラム 2007/11

―51回目のコラム―

 いつもこのコラムをお読みいただき、ありがとうございます。
月日の経つのは早いもので、今回で51回目を迎えることとなりました。
そのとき、そのときの思いついたことを書いてまいりましたが、まさか50回を超えるとは、自分自身でも想像できませんでした。

 ところで今、政府は少子・高齢社会に対応すべく、「70歳まで働ける企業」の環境作りに取り組んでいます。
昨年、65歳までの継続雇用義務化等を実施したばかりなのに、すでにこうなのです。
それほど わが国の置かれている現状が厳しいことの裏返しかも知れません。

平均寿命の延びは、戦後政治の輝かしい成果ですが、一方 それがすべてではないにしても隘路となり、年金の支給開始年齢の先送りや医療費の増大につながっていく。
ある時期の成功要因が、時が変れば大問題の原因になるということです。

これから労働市場へ入っていく人たちは、およそ50年間を職場という環境で過ごすことになるわけですが、もし神様が、「あなたにもう1回人生を与えてやる」と言われたら、あなたは受けますか。


 
- 今月の名言 -
「豊か」になることは、実は「悲しさ」を増やすことなんですよ。
タクシ―の「豊かさ」を知っちゃったテレクラの女の子はね、
タクシ―の行列には並べても、最早バスの行列には並べない。

(田中 康夫)
平成19年11月01日