変形労働時間 労働カレンダー作成



労働カレンダー(勤務割表、休日カレンダー)作成のご案内



 最近 何かと話題になっている「サービス残業」。
そのトラブルの根を突き詰めていくと労働時間管理ができていないことに原因があるようです。

 4月が事業年度の始まりという会社が一番多く見受けられますので、今の時期に合わせて 貴社独自の労働カレンダー(勤務割表、休日カレンダー)を作成されませんか。

法律(週40時間、週44時間)をクリアーしながら、しかも1日の勤務時間と休日の関係を示して、効率的な時間管理をするために労働カレンダー(勤務割表、休日カレンダー)を作成します。
それぞれの月において、休日は何日にしようか?
どこに、どのように休日を配置しようか?
変形期間は1ヵ月単位、1年単位 或いは・・・どちらがよいのか?

頭を悩ませておられる経営者の方も多いはずです。ご相談ください。
私どもが最適労働時間をご提案します。
(相談費用 2万円)

■労働カレンダー(勤務割表・休日カレンダー)作成のご相談FAX用紙(PDF)

労働カレンダーサンプル