平成25年4月より高年齢者雇用安定法が改正されました


65歳までの継続雇用の対象者を労使協定で限定している企業は、
制度の見直しが必要です!


平成25年4月1日からは、希望者全員を継続雇用制度の対象とするよう、就業規則の変更が必要となります。

*改正のポイント

1.継続雇用制度の対象者を限定できる仕組みの廃止

2.継続雇用制度の対象者が雇用される企業の範囲の拡大

3.義務違反の企業に対する公表規定の導入

4.高年齢者雇用確保措置の実施・運用に関する指針の策定



当事務所におきましても、今回の法改正に合わせて、相談を受け付けております。
  ご相談ください。